戻る

加工地山口県商品内容・とらふぐ刺身(24cm瑠璃プラ皿盛付け)(50g)×2・とらふぐ皮(30g)×2・ふぐちり用とらふぐ切身(150g)×2・ポン酢&もみじ・ひれ酒用ヒレ付き×3枚産地熊本県、長崎県産(活養殖とらふぐ使用)賞味期限冷凍保管(-18℃以下)で1カ月。お召し上がりの1?2時間前に冷蔵庫で解凍して下さい。生モノですのでなるべくお早めにお召し上がり下さい。配送方法          山口県下関市といえばやっぱりフグですが、その中でも味、値段とも最高級品は「とらふぐ」。味覚の王様とも言われてクセのない淡白な味、あの歯ごたえは天下一品です。 「全国的」にもふぐで有名な山口県より産地直送!作りたての味をそのままお楽しみいただけるように産地直送にこだわりました。一流のふぐ職人が一つ一つ丁寧にふぐをさばきました。ふぐの本場下関では、昔からふぐの事を「ふく」と呼び、幸福をよぶ食材として地元の皆様からも親しまれ続けております。 南風泊市場から新鮮なふぐを! 南風泊と言えば、「袋せり」が行なわれることで有名です。「エーカ、エカ、エカ」のせり人の声にあわせて、仲卸人とせり人が黒い袋に手を入れ指で金額をしめず独特の方法。もとは冬の寒さをしのぐため、袖口の中で行なっていたそうです。独特の「袋せり」によって、瞬時にふぐの値打ちを見極めて目当てのふぐを獲得しなければなりません。確かな選別眼を持った仲卸人が毎日この戦いに挑みます。    当店の「ふぐ刺し」はふぐの中でも最高品種の「とらふぐ」を使っております。鮮度のいいものだけをお届けする為、綺麗な水を使い自然に近い環境で養殖を行い鮮度を大切にしてお客様にお届け致します。「とらふぐ刺し」をもっとも美味しく食べていただく為に薄く盛り付けました。とらふぐ刺しは厚く切ってしまうと、ふぐ独特の弾力が失われてしまうために、薄く切っております。また切り方、盛り付け方にも豊富な経験をした職人技が使われおりまるで一つ一つが芸術の一品のように仕上がっております。 とらふぐ刺しの召し上がり方 お召し上がりの際、刺身1?2片で「ねぎ」をくるみ、当店オリジナルの醤油で、もみじおろしを加えてお召し上がりになると、さらに美味しさが増します。切り身はお鍋の具などでお使いいただけます 鍋に適量の水と昆布を入れて火にかけ、沸騰したらふぐを入れて4?5分煮ます。白く色が変わったら豆腐、野菜の順に入れて再び沸騰させてください。わけぎやもみじおろしなどお好みの薬味を加えたたれをつけて、お召し上がり下さい 本場の味 とらふぐのひれ熱燗にとらふぐひれを入れ、まろやかなコクと香りをお楽しみ下さい。 【美味しい『ひれ酒』の作り方】 1:とらふぐひれをトロ火で薄く焦がし、きつね色になるまであぶります。 2:熱燗にお酒を入れふたをして、30秒ぐらいおきます。 3:約1分たったらひれを取り出すと、美味しいひれ酒としてお召し上がりいただけます。 ※とらふぐひれは、一合のお酒に1?2枚が最適です。 【ご注意】こちらの商品は2009年1月9日以降のお届けとなります。



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  お中元 高級品
このページのトップに戻る
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。