戻る

Detail 縦×横×厚み 9.5センチ×19センチ×2センチ 材質 本革オーストリッチ 小銭入 1箇所 カード入れ 計13箇所 札入れ 1箇所 その他ポケット 計2箇所 あきのこないシンプルなデザイン。男性、女性問わず使用できる定番の財布です。使えば使うほど艶がでて愛着がわきます。オーストリッチ革の繊維構造は、牛革とは異なりますが、強度の点では牛革とあまり変わりません。 ご購入前にご確認ください!この商品は一つ一つ天然素材を使用しているため、「クィルマーク」「斑(ふ)」の出方はそれぞれ異なります。 革には細かな傷やシワ等が付いている場合がございます。これは本革である証明と共に、リアルレザーの特長であります。ご了承のほどを宜しくお願い致します。 ★オーストリッチ まめ知識★ ●オーストリッチ財布やバッグの人気の秘密!●オーストリッチは日本名で「駝鳥(だちょう)」原産地は南アフリカ、現在も全世界の70%以上のシェアが南アフリカの原皮です。革質は丈夫でワニ革と並ぶ最高級素材です。「クィルマーク」や「斑(ふ)」と呼ばれる羽を抜いた後の丸い突起が美しい自然の模様となって珍重されています。このクィルマークは背中の羽が生えている部分だけにあり(全体の40%)、大きな原皮から製品にできるのは限られています。立体的な革の特性を生かして高級品向け素材として幅広く使用されています。■特徴軽くて丈夫なのが一番の特徴です。バッグのなかで一番多く作られまた需要が多いのはバッグの素材の中で最も適しているからといえます。また、使い込むほどに、艶が出てきて高級感がでて愛着がわきます。■仕上げクラシックフィニッシュクイルマークと革を同じ色で染める半マットタイプの顔料仕上げ。サドルフィニッシュ染料染めの革の表面をブラッシングにより艶を与えて、革らしさとクイルマークを強調した仕上げ。現在、一般的な仕上げです。●顔料と染料の違い●厳密な意味で区別は曖昧ですが、一般的な意味において性質の違いがあります。顔料は粒子、染料は分子。染料はその粒子の小ささゆえに水にも良くとけ、また繊維との親和性も高く、発色性と堅牢性については大変安定した性質を持ちます。それに対し顔料は粒子が大きいため水に混ぜても沈殿しやすく、繊維への食いつきもほとんど期待できません。染色する場合は糊などと混合し、染めるというよりは表面に塗るという手法になります。美しい発色と堅牢性に関しては不安定です。ただ、「ラフさ」「ユーズド感」を表現する場合、染料では得がたい独特な魅力を発揮します。



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  お中元 高級品
このページのトップに戻る
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。