戻る

ドンペリに勝ったカヴァなんて何処かで聞いたフレーズ何だか疑わしい?しかしこのカヴァはイギリスのワインの評論家が「ドンペリやクリュッグ・ヴーヴクリコよりこちらの方が好き」と言っているくらいだから試してみる価値あり高級シャンパーニュと比較するのは個人的にどうかと思いますが、果実味豊かな優しい味わいの高品質なスパークリングワインです。麦ちゃんも試飲してGOサイン出しました!!!■タイプ       スパークリングワイン 辛口 ロゼ (Sparkring Wine)■産地        スペイン カタルーニャ地方 (Spain)■ぶどう品種    モナストレル ピノ ノワール ■生産者      マス デ モニストロル■熟成        25ヶ月以上 麦ちゃんテイスティングコメント非常に綺麗なピンク色の鮮やかな色調です。グラスの底から立ち上がる泡立ちも細やかです。ストロベリーやアンズを思わせる可愛らしい果実の香りが主体で僅かにイースト香やミネラル感を感じます。口当たり優しく、刺激の少ないクリーミーな泡が広がり、香りからイメージする優しい果実味が豊かです。酸味は比較的豊かで爽やかな印象を与えます。ボディーも適度で、後味に甘酸っぱいグミを思わせる果実味が残ります。チャーミングで、爽やかな心地良いカヴァロゼです。  『カヴァ』って何? カヴァとはシャンパーニュのように瓶内二次醗酵によって造られた スペインのスパークリングワインのことです。スパークリングワイン の泡はスティルワイン(通常のワイン)に酵母と糖分を加えて二次 醗酵させる時に自然に発生するものを閉じ込めたものなのですが、 その二次醗酵をボトルの中で一本ずつ長期にわたってゆっくりさせ るのが瓶内二次醗酵といわれる醸造法です。この作業は大変手間 がかかり、その全てのボトルを醗酵熟成させるための広い温度管理 のできる施設も必要なのです。 「カヴァ」とはスペイン語で洞窟を意味します。かってはスペインカタ ルーニャ地方の鍾乳洞で瓶内醗酵・熟成が行われていたことから この名前がつけられました。 「カヴァ」は今では全世界でシャンパーニュに比べ大変お買い得な スパークリングワインとして知られています。 ちなみに瓶内二次醗酵ではないスパークリングワインはスペインで 「エスプモーソ」と言われています。 『カヴァ』の熟成 普通のカヴァは最低9ヶ月以上熟成させなくては いけません。レセルバと表示のあるものは15ヶ月 以上、さらにグランレゼルバと表示のあるカヴァは 30ヶ月以上熟成させなくてはいけないのです。 長期熟成させたカヴァは、まず泡立ちがきめ細やか になります。そして強い酵母の香りやトースト香など 複雑な風味で、厚みのある味わいとなるのです。 ただ単に長く熟成させれば良いカヴァになるという わけではなく、収穫したぶどうにポテンシャルの高さ が必要なことが第一条件です。カヴァの規定が2007年に変更になり、グランレゼルヴァの表示は24年以上から30年以上熟成となりました。マスデ・モニストロルでは熟成期間にとらわれない高品質なカヴァを造りたいという意思から、独自の表示「プレミアム・レゼルヴバ」という表示を使うようになりました。このカヴァを試飲してみると、長期熟成による複雑味を追求するのではなく、優しい果実味を大切にしているのだと分かります。クリーミーな泡を造りだすには長期の熟成は必要ですが、新鮮な果実味を強調するには長期熟成は必要事項ではないということだと思います。最良の状態にになった時に出荷するために敢えてグランレゼルバの表示を止めることにしたのです。実際2003年のこのワインは36ヶ月熟成でしたがプレミアムレゼルバの表示でした。今回のニュービンテージは25ヶ月以上の熟成ということで具体的な熟成期間は公表されていません。クリーミーな泡立ちと優しい果実味が一番バランス良い状態になった時に出荷されるのです。



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  お中元 高級品
このページのトップに戻る
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。