戻る
◆スーパートスカーナ テスタマッタの最強デイリー 地球環境に優しい。ワインに優しい。スクリューキャップで登場!!カザマッタ・ロッソ[2006]テスタマッタ

人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : シーザーワイン カンパニー
発売日 :

価格 商品名 納期
2,037円 ◆スーパートスカーナ テスタマッタの最強デイリー 地球環境に優しい。ワインに優しい。スクリューキャップで登場!!カザマッタ・ロッソ[2006]テスタマッタ

イタリア/トスカーナ/赤/ミディアム・ボディ ・Igt.Toscana Rosso品種:サンジョヴェーゼ100%熟成:ステンレスタンク+バリック2ヶ月 2003年より作り始めたカザマッタ。ビービー自身も「1年間の経験が糧になって2004年は更に良い出来」と自負しています。更には、ステンレスタンク熟成のみの2003年に対して、ステンレスタンク熟成に加え、「テスタマッタで使ったバリック」を2ヶ月間使っております。カザマッタ・ロッソの2004は、より一層ビービー・グラーツ(=テスタマッタ)を感じられるテーブルワインとなりました。 ◆テスタマッタの雰囲気たっぷりテーブルワイン。   テスタマッタ Testamatta 生産者 B.B グラーツ  イタリア・トスカーナ州 バリック新樽に直接ブドウを入れ醗酵を行いそのまま同じバリック樽で 熟成まで行ってしまうという赤ワインにとって奇想天外な醸造方法を行い 世間を騒がせたワインです。 アーティスト一家に育ったビービー・グラーツ氏自信がデザインした派手なエチケットは伊ワインの規格ギリギリの大きさで名前の意味もクリエイティブな意味での“クレイジー”とこれまた強烈なインパクトです。またトスカーナの土着品種を積極的に使うのも特徴です。 テスタマッタは初ヴィンテージがリリースされるや否や 伊で最も有名な酒屋“エノテカ・ピンキオーリ”は試飲するなり「全部売ってくれ!」 テゥヌヴァン(ヴァランドローのオーナーがネゴシアンも経営している)もサンプルを持ち込むと即決で2000本を購入するなど伊ワイン界の話題を独占しました。 2003年にボルドーで行なわれた世界最大のワイン見本市「VINEXPO‘03(ヴィネクスポ)」のブラインドテイスティング (ラベルを隠して味だけを評価)で、Testamatta 2001が栄えあるNo.1に選ばれました! 'Best Red Wine' award at the world's  most important wine event Vinexpo in Brdeaux , France!  ?ヴィネクスポにて最優秀ワイン賞受賞?  また同じくTestamatta 2001がイタリアの2大ワインガイド‘ヴェロネッリ誌’にてその年のイタリアワインベスト20に値するイル・ソーレを獲得しました!   ◎テスタマッタ2003ヴィンテージ情報 2003年は降雨が少なくトスカーナでも例年より平均して半月も早く収穫が行われる 異常気象でした。 そんな中、ビービーは自分の畑のテロワ?ルを信じじっと堪えながら収穫を待ちました。  例年は10月10日頃に行う収穫も2003年に限っては若干早まりましたが 時間をかけて成熟したブドウを得られる事が出来ました。 氏曰く、樹齢30?65年の地中深くに根が張った株だからこそ暑さにも順応したとの事。 (若木が中心の畑を持つ生産者は 9月の中旬に収穫を行ってしまっている為に  フェノールやタンニンが上手に生成されずに 味わいの深みに欠けるワインとなってしまったようです。)  むしろ、ビービーの畑のブドウにとって2003年は悪影響どころか降雨が少なく自然と収量が落ち、より複雑なアロマが得られた様です。 そもそも、ワインの造り手は「畑に費やした労力」、「ブドウ」「テロワール」等の特徴をワインに 表現しようとするものです。  2003年はブドウに対する入念な選別が求められただけであって日頃から畑で努力をしている 生産者にとっては気候はそのヴィンテージの特徴の一つに過ぎないのでしょう。  ビービーにとってはヴィンテージの影響という意識はあまりなくただテロワールを表現する為の努力を行った結果が過去最高と言もえるワインになったに過ぎないのです。  ■Testamatta 2003   テスタマッタ ◎各誌の評価 ★I Vini di Veronelli…イタリア2大ワインガイドの一つ・Testamatta 2003 … 最高賞青3ツ星獲得  ★Duemilavini…イタリアソムリエ協会発行のワインガイド・Testamatta 2003 … 最高賞5グラッポリ獲得     ビービー・グラーツ氏は最高のワイン造りを志し、ワイン造りを始める前には、酒屋に並ぶ高級ワインを片っ端から飲み自分の造りたいワインのイメージを思い描いたテイスティングの鬼才とも言えます。 ワイン造りには一切妥協をせず、「畑仕事の量は誰にも負けない」と自負する程の大変な努力家でもあります。たとえばブドウの房の風通しをよくする為に一枚一枚の葉を固定するなどの工夫も行う等、醸造方法でただ奇をてらうのではなくそういった地道な努力が今の名声を得たとも言えます。 また、エノロゴ(醸造コンサルタント)には過去にアンティノリやフレスコバルディの醸造責任者を経験したアルベルト・アントニーニ氏を採用しています。数々のスーパー・タスカンの先駆的なワインを手掛けたアントニーニ氏のノウハウも活かされております。 生産者としては2004年度のAIS(イタリアソムリエ協会)のオスカー イタリアーノ デル ヴィーノにて,ベスト・プロデューサーの最終選考の最後の3人に選ばれました! 今後も、更なる飛躍が期待出来る生産者です! 



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  お中元 高級品
このページのトップに戻る
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。