戻る
福井県 南部酒造国際線ファーストクラス機内酒として選ばれた花垣 特撰大吟醸 720ml

人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : 旨いde地酒
発売日 :

価格 商品名 納期
3,150円 福井県 南部酒造国際線ファーストクラス機内酒として選ばれた花垣 特撰大吟醸 720ml

酒質内容大吟醸酒造米山田錦精米歩合40%日本酒度+5酸度1.3アルコール16?17度味わい淡麗・辛口機内酒に選ばれたって・・・・本当!JAL国際線ファーストクラス機内酒として季節限定で出されたお酒です。ソムリエの日本酒版である「利き酒師」を持つスチュワーデスが、外国人の口にも合う日本酒を探していたところ、この「特撰大吟醸」が選ばれたのです。特に、国際線の機内食に合う食中酒をと考えていたところ、おだやかな落ち着いた花のような香り、喉越しは新鮮で軽快、キャビアなどの魚介類に相性が合うお酒が「特撰大吟醸」でした。ゆっくりと低温醸造で発酵させ、手間ひまがかかるうえ、それだけに量産ができなく希少価値が極めて高い高級清酒です。フルーティーで淡麗かつ芳醇、大吟醸ならではの味です。料亭感覚で味わいたい時に、このお酒を飲んでいたらそんな雰囲気にさせてくれます。福井県の東部、九頭竜川の上流に開けた一帯が大野の城下町であります。ここは北陸でも屈指の豪雪地帯であるとともに、名水百選のひとつ「御清水」で知られる水の町であります。「花垣」は、伝統や手造りを重んじた酒造りを重視し、杜氏と共に原材料や醸造技術にとことんこだわり続けています。「花垣」では、酒造りの技術のみならず、地元での酒造好適米の契約栽培にこだわるなど、酒と人と自然が調和する酒造りを理想として、今日に至っているのです。中でも、地元の農家・松浦助一氏と共に取り組む、有機農法(JAS法無農薬栽培)による酒造好適米の協同栽培は全国的にも注目の的となっています。能登杜氏「畠中喜一郎氏」が培われた技と情熱を込めて、手造りでじっくり醸し出す造りを基本としています。原材料と醸造技術にとことんこだわり、また創業以来諸白に挑戦しており、受け継がれた吟醸造りは見事なまでの味わいを生み出しております。



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  お中元 高級品
このページのトップに戻る
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。