戻る

日本の無農薬野菜と有機野菜を応援! ■ちこり芋を焼酎に・・・  世界初のちこり焼酎40度「原酒ちこちこ」800ml 1瓶 ■原材料名:ちこり芋、米、米麹 ■アルコール分:40度 ■内容量:800ml ■使用麹:白麹 ■蒸留方法:減圧蒸留 ■仕込み:かめ壺仕込み   単式蒸留しょうちゅう ■製造元/株式会社サラダコスモ       岐阜・中津川蒸留蔵 ■2006年12月1日にオープンしました。 まだまだ新しい蒸留蔵です。 もやしやかいわれ大根などスプラウト野菜を生産するサラダコスモの新しい事業としてスタートしました西洋野菜ちこり(仏語名:アンディーブ、英語名:チコリ)の純国産化にむけてのチャレンジが始まりました。 この「ちこり」を国産化することで、日本の休耕地などの畑を有効利用できます。 現在、30ヘクタールの休耕地などの畑を耕しています。 将来的に1,000ヘクタールを目標に日本の農業の応援をしたいと考えています。 ●野菜のちこりを収穫した後に残るちこり芋を有効利用したい。 そんな思いでちこり焼酎の製造がはじまりました。 たくさんの方にちこり焼酎を通して、日本の農業や環境問題をともに考えられると嬉しく思います。 ●おいしい飲み方 フルーティな香り、口に残る甘い余韻、ちこりの個性をお楽しみください。 ちこり芋特有のフルーティーな香りと爽やかな甘みが特徴の、女性にもお勧めの焼酎です。 ちこちこ本来の個性的な香りと味わいを最も引き出しお楽しみ頂くにはロックがお薦めです。もちろん水割りにしても、お湯割りにしても美味しくお飲み頂けます。「ちこちこ」は飲み方により様々に表情を変えるお酒です。お好みに合わせお楽しみください。 ●2007年10月、岐阜県の特産品「飛騨・美濃すぐれもの」にも認定されました。 岐阜県はもちろん中津川市の特産品としてお正月・誕生日・お土産や贈答品・引き出物・ギフト、 そして大切な方へのプレゼントなどお(芽)めでたいシーンなどで、ご利用いただいています。 ※お芽でたい(=発芽野菜のちこりを収穫したちこり芋から生まれた)焼酎なのです。   ------------------------------------- わたし達「直送!発芽野菜のサラダコスモ」は有機栽培緑豆を使用したもやしづくりに業界でもいち早く取り組んできました。農薬を使用しないで栽培した(無農薬)かいわれ大根やブロッコリーの新芽(スプラウト)などのスプラウト野菜たちを心を込めお届けします。日本の無農薬野菜と有機野菜を応援!2007年の新芋使用。世界で初!フルーティで芳醇な香りの新酒美濃ちこり焼酎40度「原酒ちこちこ」800ml 1瓶 これまで日本ではほとんど栽培されることのなかった「ちこり」。ある初夏、中津川でちこりを作ろうという取り組みが始まりました。試験農場を借り、種を一つ一つ畝(うね)に蒔いていきます。芽が出ないのは当たり前、たまに芽を出す種があってもすぐに枯れてしまう、雨で流されたり腐ってしまったり…。ちこりの栽培は苦労の連続でした。それでも秋にはいくつかの畑でちこりの大きな葉を見ることができました。葉の下には立派な根も張っています。これまでの苦労が報われた瞬間でした。しかしこの根…その形から私達は芋と呼んでいますがこれらはちこり収穫後、有効活用されることなくほとんどが捨てられてしまいます。 そこで私たちが試みたのがチコリ芋を用いての焼酎造りです。鹿児島の焼酎蔵に試作をお願いして数週間…吉報が届きました。「ちこりで焼酎ができましたよ!」そして本格的なちこり焼酎造りが始まりました。現蔵長の豊岡は鹿児島まで修行に赴き、焼酎専用の蔵を建て、製造免許の取得に奔走。すべての準備に丸2年もの歳月を費やしました。いや、野菜の生産者が焼酎を作るというのだから2年でよくここまでできた、というべきかもしれません。私たちはただ焼酎を作るのではありません。日本の畑を耕やし、食料自給率向上を目指す。 焼酎を創りながら日本の農業を元気にすることが私たちに課せられた役割と考えています。畑にちこりの種を蒔くのは6月。それから6ヶ月ほどでちこり芋の収穫時期を迎えます。質のいいちこり芋を育てるには初夏でも暑くなりすぎない、涼しい環境が求められます。私どもは地元に畑を開き、ちこりに最適な環境を整えました。広大な自然の中でのびのびと育つちこりが少し頼もしく思えます。私どもは「ちこり芋」と呼んでいるこの植物。実はこれ、ちこりの根なのです。その太くたくましい形状が芋を想像させることから「ちこり芋」の通り名が定着しました。良質な糖を含むちこりの根は、焼酎の原料にうってつけ。フルーティで芳醇な香りの「ちこちこ」のまさに根幹をなす存在なのです。香りは…。味わいは…。口当たりは…。ちこちこをこんな風に表現してみたい。今、自分は焼酎造りを目一杯楽しんでいる所です。しかし「今、楽しい」だけではこれから先同じように焼酎を造り続けていくことは難しいとも感じています。だから自分は、夢を語れる造り手になりたい。ちこちこを造りを通してその原料となる、ちこり芋畑が潤い日本の農業が少しでも元気になればこんなに嬉しいことはありません。その上でちこちこを飲んでおいしいといってくれる人が少しでも増えてくれれば幸せです。ちこちこを通して少しでも世の中のお役に立ちたい。それが自分の焼酎造りに対する考え方の原点。「夢を語りて、焼酎を創る」自分の頭の中にはこんな言葉が居座っています。 >>>2006年12月にサラダコスモの本社のある岐阜県中津川市にちこり村がオープンしました。>>>国産アンディーブちこり 好評発売中!!ちこり(野菜)のご注文はこちらからどうぞ。



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  お中元 高級品
このページのトップに戻る
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。